今晩は。左様なら。
by usagi_on_themoon
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログパーツ
*links*
★日々是愛犬三昧★
~主客顛倒犬小屋暮らし~

愛しいわんこBlog
+++++++++++++++
kidaoreya
「きだおれや」
@大阪中崎町サクラビル
かわいい普段着の
着物とこもの☆
+++++++++++++++
キモノレッスン・チョウチドリ
キモノ*スイーツ認定講師
がレッスンします♪
ふだん着の着付教室
+++++++++++++++
兎月
白にゃんこの世界・・・
+++++++++++++++
Maukie
まうすがキニナルの

blogram投票ボタン
タグ
カテゴリ
全体
Well…
Home
アイラブ白にゃんこ
Healthy&Beauty
着物や下駄や
Review
keitai
未分類
以前の記事
2014年 01月
2012年 03月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月
2004年 05月
2004年 04月
2004年 03月
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧
*小袖~江戸のオートクチュール*
a0013855_1401829.jpgあすかちゃんと見て来ましたよ!
「小袖」江戸のオートクチュール展
@大阪市立美術館

市立美術館の建物の美しさは
前から気になっていた上に
今回の展示は美しいお着物たち☆
ということで、
ウキウキで出掛けました。

暑~かったので、着物は
またまた木綿の単衣です。

さて、この「小袖」とは、袖口の小さな着物のことで、平安のお姫様が着てるような
袖口の広くあいた着物(大袖)に対して、「小袖」と呼ばれます。
元は「大袖」の下に着ていた下着だったのですが
それが時代と共に、表着へと変化し、現在の着物に繋がっています。

この「小袖」展では、松坂屋京都染織参考館(染織の研究開発を行う部門)の
すばらしいコレクションから江戸期の小袖(振袖・帷子を含む)と
江戸期のファッションカタログにあたる「雛形本」などが展示されています。


展示されているのはどれも高貴なお姫様・奥方様のお着物なんですが
着物から他のものに一度仕立て直したものを、また着物に直した痕があったり
柄の繋がりが切れていて寸法を直した痕がわかったりと、
手の込んだ反物が当時どんなに貴重品だったかというのがしのばれます。

面白かったのは、展示の横にある着物の柄に関する解説文に
「なぜ梅の柄の下に無関係な白波の柄を描いたのか不可解である」とか
「家紋はわかるけど、なぜそこに突然市女笠のモチーフを合わせたかは不明」
みたいなことが書いてあって、笑った。
なぜ、って、かわいいからに決まってると思うんだけど…
着物に、自分のマークとパラソル柄…なんて、かわいいよねえ~。
もしも、現代のワタシタチが好きな感じの着物が数百年後に発見されたとしたら
「なぜ日本の着物に、ロシアのマトリョーシカが描かれているかは不明」とか
「なぜここに突然黒猫の意匠が描かれているのか不可解である」とか
そんなこと書かれちゃうんだろうなあw

また、「腰巻」という説明文がついた着物があって、「?」と思ったら
当時の高貴な方がお召しになる腰巻にはなんと袖があったということらしい。
しかも、夏場に一枚で着る着物・帷子(かたびら)を着るときに
「涼しくしたいけど帷子一枚だけじゃ格が出せないから~」という理由で
袖に腕を通さずに細帯で腰に巻いて、格を高める為の「キモノ型腰巻」なんだとか。
なんか意味のなさでいうと「ギョーカイ人のセーター肩掛け」みたい^^;
おしゃれと実用の狭間で生み出されたテクニック?なんですね。
他にも、頭にかぶる用の着物もあったり。わざわざ袖つけなくてもいいだろうにw

この、おしゃれ・かわいいのためなら多少の不便や意味不明さも省みない精神、
人間って何百年経ってもかわんないんですねえ~

着物の意匠のカタログである「雛形本」をみながら、
奥様お嬢様方が「好きな柄をえらびませう」「これにしませう」なんて
おっしゃってる浮世絵もありました。セレブリティ~な奥様方なんでしょうね。
いいなぁ~。私も着物を柄から選んで仕立てて貰ったりしてみたい!!!

a0013855_13515756.jpg
…というわけで、さすがに
柄からオーダーするのはムリだけど、
あすかちゃんが仕入れた
超かわいい有松絞りの反物で、
ゆかたのお仕立を頼んでしまいましたYO!
セレブリティ~^^;;;
[PR]
by usagi_on_themoon | 2009-05-31 01:39 | 着物や下駄や
*甲子園(怒)*
毎度鬱…な交流戦ですが、せっかくの観戦機会ですから行ってきました、甲子園…

a0013855_1148519.jpg
 なんだか…

 いたるところに…

 猛虎魂を

 感じる~~
 ~~~~!!

a0013855_1149689.jpg

 トラッキーの

 倒れっぷりに

 猛虎魂を

 感じる~~
 ~~~~!!

a0013855_12142036.jpg

すみませんっ

前、見えないんですけどっ(泣)

a0013855_11493490.jpg
この状況で、前回のように
関西応援団来てなかったら
切ないなあ…^^;
と思ってたら
関東応連のみなさんの姿が!
いつものリズム
いつもの応援歌
懐かしくて涙でそう
ムッチャ遠いけど…

そんなわけで、レフト・栗山巧くんの端正な横顔だけが心の支えでした…
a0013855_11495124.jpg

キリンの売り子さん、一回も来ないしさっ!←実はこれが一番キツかった…
豚串横にして食べられない球場なんてあんまりよ…(席幅が狭いから^^;;)
西武ドーム帰りたいよおー
[PR]
by usagi_on_themoon | 2009-05-28 12:20 | アイラブ白にゃんこ
*生キャラメルですよ*
a0013855_2172110.gif巷はタイヘンなことになってますね。
「不要不急の外出は避けましょう」だそうなので、
インドアなお楽しみを…ということで手作り生キャラメルを。
これまでにプロトタイプの作製には成功していたので
今回は大量生産に乗り出してみる。

ホーローの鍋にグラニュー糖と水を入れてグツグツ.。o○.
カラメルソースができたら生クリームを投入ジュワー
バニラエッセンスを加えて、あとはひたすら煮込む!
氷水にポトリと落としてみて固まったらOK
クッキングシートを敷いた型に流し込んで冷蔵庫へ
固まったら、一口サイズに切り分けて
かわいいワックスペーパーを包み紙にして、できあがり~。

目指すキャラメルは、花畑牧場・ヴェルタースオリジナル・チェルシーバタースカッチ系の濃厚バター風味ではなく
もうちょっとあっさりした森永ミルクキャラメル・明治クリームキャラメル系の味なので
煮込み中に分離しやすいリスクを承知で植物性クリームを使ってみました。
とろ~りとろける舌触りは生キャラメルそのままで、後味あっさりにできあがりました。

煮込むのに時間は掛かるけど、減っていくのはあっという間です^^
[PR]
by usagi_on_themoon | 2009-05-18 22:02 | Home
*浴衣の撮影ですよ*
a0013855_16175112.jpg

きだおれや」浴衣レンタル開始に向けて、レンタル用浴衣のモデル撮影をしてきました。
リサイクルの紺地のレトロかわいい雰囲気の浴衣のシーンと
現代モノのフワフワキラキラした華やかな雰囲気の浴衣のシーンとで
ヘアーも変えていただき、2パターン撮影しました。
どちらも、流行も取り入れつつ、きだおれやテイストの仕上がりになってます♪
この様子は只今鋭意作成中の「きだおれや浴衣2009ページ(仮称)」にてご覧下さい!

しかしまぁ~モデルちゃんはかわいいわ、ヘアメイクは神業だわ、着付も華やかだわで
楽しくてしょうがなかったですよ。カメラだけがいつまでも未熟で大変申し訳ないス。
モデルちゃんを頼んでの撮影ももう何回目かになるけれど、いつも、あすかちゃんと
「可愛い女の子に可愛い着物を次々着せて写真撮って喜んでるこれって、
リアル着せ替え人形遊びだよねえ…」という話になります。
大人の女性がブライスなどのお人形に着物を着せて楽しむっていうのは良く見るけど
それをナマの女の子でやってる私たちってちょっとコワイねwと。

もしもあなたが、私たちに捕まって
オマエも人形にしてやろうか~~~~(Byデーモン閣下)
と言われたとしても、逃げないでくださいね。
それは「あなたはとてもかわいいので、ぜひモデルになってもらえませんか?」
という意味ですので…
[PR]
by usagi_on_themoon | 2009-05-16 16:25 | 着物や下駄や
*三連勝!*
a0013855_139136.jpg

今期、京セラドーム三回目の観戦でございます。(本日もチャリde)
GGの特大ホームラン、片岡のランニングホームラン、さらにボカチカと、
昨年を髣髴とさせる「ヒットは所詮ホームランの打ち損ない」(笑)状態に…
さらに9回には、三点差の場面で、守護神復活?の小野寺力くんが登場し、
ハラハラドキドキの演出で盛り上げてくれました…^^;
上の画像は「あー勝ててよかった(^o^)/」のシーンです。(顔がそう言ってるような^^)

オリックス戦は見事三連勝☆☆☆
明日からの千葉三連戦の次は、ついに毎年ビミョーな交流戦に突入するので
千葉でもハデに花火を打ち上げちゃってほしいものです。
[PR]
by usagi_on_themoon | 2009-05-15 01:42 | アイラブ白にゃんこ
*ようこそ南部鉄瓶さま*
a0013855_1933574.jpg解体予定のおうちの鉄くず置き場で
南部鉄瓶に出会いました。
未使用で今後も使わないからと
なんと頂戴してしまいました。
付近に「南部鉄瓶(←旧字体)の栞」
という紙が落ちていた。
この鉄瓶のものかな?
辺りに他に鉄瓶はないけれど
手がかりの箱は既にモロモロで
「燃えるゴミ」行きだったよう。
栞に書かれた工房の電話番号は
なんとたった4ケタwいつのだw

蓋の裏には、「○○(企業名)創業参百九拾周年記念」の文字。
調べてみると、その企業さんは数年前に「創業四百四十周年」を迎えていらっしゃいました!
つーことは、この鉄瓶は50+α年は前のものだということに…(  д) ゚ ゚
そりゃ電話番号も4ケタだろうし、箱もモロモロになるはずだわ…
栞に書かれた職人さんのご存命の時期とも一致します。
するとやっぱりこれは栞の、南部鉄瓶の本場・盛岡の工房さんの製品ということに。
うわあ。結構なお品を頂いてしまった~。うれしすぎる。ヤラスィ話だけど、今新品で買うとウン万円スよ。
ちなみに、「貰い物の貰い物の貰い物」ということになるみたい(笑)
半世紀の間世の中を巡って、ようこそ私のところへ^^

さて、早速使いこなさなければ。
鉄くず置き場にはあったけれど幸い晴天だったので、そんなにヒドイ状態ではない様子。
それでも、蓋のフチや取っ手の付け根、中などに少々錆が。
錆は飲んじゃまずかろうと思ったので、サビをゴシゴシとこすってみる…イマイチ取れない。
栞には「充分金気止めをしてありますが、最初二・三回は水を替え乍ら沸かしてください
と書いてあるので、とりあえず湯を沸かしてみたものの、これからどうしよう。
何回目かの湯を沸かしている間にネットでお手入れ法を検索。すると
なにがあっても決して中に触れたり、タワシでこすったりしないで下さい
と書いてあるではありませんか!内側の防錆被膜が傷むんだとか。
ヒィー!中の点々を「サビかなあ?」と指で擦った上に、タワシでゴシゴシしちゃったさ…
どどうしよ…もうアウト??と蒼白になる私に救いのような情報が。
内側の酸化被膜が傷んだ場合、茶殻を煮込むことで黒い被膜ができます
あ~よかった。早速お茶殻を入れて煮る。タンニン+鉄でお歯黒状の膜ができるわけか。
また使っていくうちに中に錆が出ても、お湯の風味に金気が出なければ大丈夫
さらに中が湯垢で覆われれば覆われるほど、被膜が丈夫になりお湯がおいしくなる
但し、水を入れっぱなしで放置すれば、あっという間に錆だらけになる
「触っちゃった~」なんて素人の失敗はおおらかに許してくれるけど
「入れっぱなし」のズボラは決して許してくれない。厳しくもまっとうなお道具さんです。
他のポイントとしては
ガスコンロの火は弱めに
使用後は湯を全部あけ、中を乾燥させる。数十秒空焚きをして乾かしても良い
鉄瓶が熱いうちにお茶を浸した布巾で外側を拭けば、黒いツヤが生まれる
最初のうちはなるべく毎日最低一回は湯を沸かす(被膜を作るため)
こうやって鉄瓶を「育て」てあげれば、いつまでも
カルキ臭のない、まろやかでおいしいお湯をたのしむことができるワケです。
小学校時代からの年季の入った貧血の私としては鉄分補給も期待してます。

外側表面の模様は「あられ」というそうで、全て手作業でつけられてるようです。
熱が冷めてさらりと乾いた鉄瓶を手に取ると、猫を思わせる丸みがあってなんだかカワイイ。
これから長い付き合いになると思うので、どうぞヨロシクね、鉄瓶ちゃん^^
[PR]
by usagi_on_themoon | 2009-05-05 01:41 | Home